花の心理効果 チューリップ

チューリップの花の心理効果をご紹介します

あなたはチューリップにどんなイメージを持っていますか?春の代表的な花としてチューリップを思い浮かべる方も多いでしょう。お家の庭、幼稚園・保育園や学校の花壇などに咲き誇る姿は春の風景そのものですね。卒園・卒業、入学、など新しい生活へのうきうきワクワクした気分と相まって、チューリップを見るとほっこり笑顔になりますね。

私たちは、花の色、香り、花姿によって様々な心理的効果を感じています。

ここではチューリップの花の心理効果をご紹介します。

チューリップの花の心理効果

春らしさを感じる花の代表チューリップ。チューリップには素直な自己表現を助けてくれるという花の心理効果があります。

思い浮かべるのはどんな形でしょうか。一重のコロンとした蕾のような形、花びらが外側に広がっている形、フリフリした花びら、など様々な品種があります。

形・品種の違いによって私たちが得ている心理的効果をご紹介します。

・黄小町の心理効果

よく見かける一重咲の黄小町はコロンとした蕾のような形が特徴的の黄色のチューリップです。思うがままのワクワク感で、新しい環境に、なにか楽しいことを期待したり、子どものような素直な好奇心を後押ししてくれる花の心理効果があります。
[コロンとした黄色のチューリップでわくわく楽しい事見つけよう♪]

・バレリーナの心理効果

オレンジのバレリーナは、花びらの先端が広がっている形が特徴的。わだかまりなく心をオープンに周りの人たちとの円滑なコミュニケーションを助けてくれる花の心理効果があるので、新しい人の輪を広げたい時にお勧めです。

[新生活、人の輪も広げたい!オレンジのチューリップがあれば大丈夫^^]

・アンジェリケの心理効果

八重に重なった花びらのチューリップ、ピンクのアンジェリケはふわっとした花びらが柔らかさを印象付けてくれます。優しさいっぱいに包まれた、まるで赤ちゃんのような屈託のない素直な笑顔が幸せを運んでくれるような花の心理効果があります。
[フリフリしたピンクのチューリップで自然と笑顔になるよ!]

・ロココの心理効果

同じフリンジでも赤のチューリップ、ロココには力強さを感じます。リーダーシップを発揮したい時、みんなをまとめていきたい時、力強さのあるフリンジ咲を手にすれば、気持ちを前向きに、前に進む勇気を得て、背中を押してくれるでしょう。

一口にチューリップと言っても、このように品種の違いによっても私たちはそれぞれ異なった花の心理効果を得ています。

フラワー心理セラピー(フラワーセラピー)を日常に

チューリップの品種の違いによる花の心理効果いかがでしたか?

春の風を感じたら、新しい始まりの季節。新しい環境に向かう人もいるでしょう。わだかまりなく、素直な気持ちを表現できたら、新しいあなた自身にも出会えるかもしれません。

お気に入りのチューリップを1本飾るでもいいですし、グラスの花器にたっぷりたわわに投げ入れて、窓辺に飾るのもおしゃれですね。
お気に入りのチューリップを飾り、花の心理効果をお楽しみください。